電動自転車 > フルアシストタイプの電動自転車

フルアシストタイプの電動自転車について

電動自転車には、通常の電力で漕ぐ力をアシストしてくれるタイプの物の他に、全てを電力で行うタイプの物があります。
それは、フルアシストタイプの電動自転車です。

フルアシストタイプは、アクセルを回すだけで勝手に自転車が動くという、自分で転がすのではなく自動で転がる車ですので、移動に使用する筋力は一切必要ありません。
よって、足に筋力が著しく弱い状態のお年寄りの方でも、自転車に乗る事ができるのです。

ただ、このフルアシストタイプの電動自転車は、原付と同等の扱いを受けるので、公道を運転する事ができません。
私有地のみの運転という事になります。

ただ、それだと購入する意味があまりありませんよね。
よって、ちゃんと公道を走る許可を得る方法はあります。
それは、合法化する事です。

合法化の処理を行う為には、まずミラーと反射鏡の取り付けです。
ミラーは右のみでOK、反射鏡は後部に設置する事になります。
もちろん、最初から付いているタイプであれば、あらためて取り付ける必要はありません。
また、電源を入れた際に、ライトが常時点灯しなければなりません。

これらの事を用意した後、今度は自分の住んでいる市町村の税務課に赴き、書類の記入を行います。
購入証明書と印鑑、乗り物の写真を用意して行きましょう。
写真は必要な場合とそうでない場合があるようなので、あらかじめ電話で確認しておきましょう。

これらの手続きを終えると、原付ナンバーが交付され、公道でも走れるようになります。
ただ、歩道は走れないので注意しましょう。