電動自転車 > パナソニックの電動自転車(松下・ナショナル)

パナソニックの電動自転車(松下・ナショナル)について

松下の系列で電動自転車を扱う会社は、元々はナショナル自転車興行株式会社という名称でしたが、現在では「パナソニック サイクルテック株式会社」という名称になっています。

「パナソニック サイクルテック」の電動自転車は、業界でも屈指の品揃えを誇っており、その種類の多さには購入者を良い意味で迷わせてくれます。

「パナソニック サイクルテック」の電動自転車は「ビビ(Vivi)」と呼ばれるタイプが最も多く、スタンダードなモデルの「リチウムビビ DX」を筆頭に、「アルフィットビビ SP2」、「アルフィットビビシティ」などの多様性に優れた物や、坂道に強い「リチウムビビ EX」、コンパクトタイプの「リチウムビビ20」「フリッパー」「カジュアルビビ」、スポーティータイプの「EZ」「ハリヤ」、折りたたみ式の「オフタイム」、子供乗せ専用の「リチウムビビ チャイルド」三輪タイプの「かろやかライフEB」などといった、用途によって細かい選択が可能なラインナップになっています。

松下グループと言えば、日本で知らない人はいないと言っても過言ではないくらいの大企業ですし、そのブランド力に関しては今更語る事は何もないくらい巨大なのですが、電動自転車に関してもその影響力は絶大で、ヤマハやブリヂストンと共に、この業界をリードする存在として君臨しています。

電動自転車の購入を検討する場合、「パナソニック サイクルテック」の電動自転車を無視する事はできないでしょう。