電動自転車 > 電動自転車とは

電動自転車とはについて

自転車の中に、電動で動くタイプの物があるという事をご存知でしょうか?
バッテリーで駆動するモーターで人力を補助し、ほとんど力を加えずに動かす事ができる自転車を、電動自動車と言います。
電動アシスト自転車、ハイブリッド自転車という呼び方もあります。
電動自転車とはその名の通り電動で動く自転車の事なのです。

この電動自転車は、原動機付自転車、すなわち原付とは違い、運転免許、ヘルメット着用、自賠責保険への加入といったものは一切不要で、通常の自転車と同じ扱いの乗り物として誰でも乗る事ができます。
つまり、電動自転車とは法律的な見解からも、自転車の範疇に入る乗り物という事です。

その歴史はまだ浅く、自転車が1800年代に開発されたのに対し、この電動自転車は1993年にヤマハが販売したのが最初とされています。
それ故に一般的な浸透度としてはまだ高くありません。

電動自転車の基準としては、道路交通法施行規則第一条の三に記されていて、人力と電動力補助の比率が最大で1:1となっています。
また、15~24km/hの速度では、速度が上がるにつれて補助比率が下がり、24km/h以上の場合は補助がなくなるようになっています。

電動自転車の意義は、一度も自転車に乗ったことがない人に自転車に慣れ親しんで貰う為、あるいは筋力が衰えたお年寄りの移動手段として用いられる所にあります。

電動自転車とは、これからますます進んでいく高齢化の波の中で、一つの新しいスタンダードな交通手段として確立される可能性を持った、新世紀の乗り物なのです。