電動自転車 > スポーツタイプ電動自転車

スポーツタイプ電動自転車について

電動自転車が普通の自転車ほど普及していない理由に、使用する為の用途が固定されている点にあります。
それは、筋力の弱い人の補助的な役割としての乗り物である、という事です。
よって、購入層は年配の方や女性が多く、その用途は、お買い物やお子さんの送り迎えが大半を占める為、それを満たす性能であれば良いという事になり、商品としての幅はあまり広がりません。

しかし近年、その状況が変わりつつあります。
電動自転車を原付と同じような感覚で乗り回す若い人たちが増えているのです。

電動自転車は、お年を召した方の乗り物をいう概念は徐々に崩れつつあります。
それをいち早く察知したメーカーは、若者向けの電動自転車を開発しています。
それが、スポーツタイプの電動自転車です。

最近は、変則ギアの付いた軽量な電動自転車が非常に人気を集めています。
また、小径の車輪でコンパクトなタイプの電動自転車も多く見られます。
これらは皆、スポーツタイプの電動自転車です。
サイクリングやアップダウンの激しい坂道を乗りこなす、交通手段というよりはスポーツとして電動自転車を利用する人が増加しているのです。

電動自転車は、まだ歴史の浅い乗り物です。
最初に国内で発売されてから15年程度しか経っていません。
それだけに、発展途上の製品と言えます。
今後、この電動自転車がスポーツ用の乗り物として進化していく可能性は非常に高いと言えます。

そうなれば、生産するメーカーもユーザーも多くなり、種類も爆発的に増え、値段も今以上にお求め安くなり、私達の周りに電動自転車が増える事になるでしょう。