電動自転車 > 電動自転車は雨に弱い?

電動自転車は雨に弱い?について

電動自転車は電力を用いる乗り物です。
よって、水には弱いというのが一般的認識かと思います。
実際問題、電化製品が水に弱いというのは事実ですし、モーターやバッテリーを水に漬けてしまったら、もう使い物にならなくなるのは事実です。

では、電動自転車は雨の日には乗れないのでしょうか?
答えはノーです。
電動自転車は雨の日であっても乗る事ができます。

電気機器が水に弱いのは事実としてありますが、電動自転車に取り付けられているモーターなどは野ざらしになっているわけではないので、直接雨に当たるという事はありません。
防水はしっかりしているという事です。
その程度はメーカーによって違いますが、雨だから乗れないというレベルの商品はまずありませんので、安心して雨の日でも利用できるでしょう。

ただ、だからと言って豪雨の日に使うのはお勧めできません。
幾ら防水処理していると言っても、限度はあります。
台風や集中豪雨が家の周りを襲っている日に自転車で外出しようという人がいるかどうかは疑問ですが、もしそれを実行しようとするならば、確実に故障します。
というより、事故の危険が非常に高いので、止めておきましょう。

また、雨の日でも使えるとはいえ、やはり濡れないに越した事はないので、可能な限り雨の日には運転を避けるというのも、ケアという点では重要です。
雨の日はできる限り屋内に置いて、雨から守るくらいの心がけでいた方が良いでしょう。
雨でも大丈夫という触れ込みに甘えないよう、自分の電動自転車を大切にするよう心掛ければ、長持ちさせる事ができますから。