電動自転車 > 電動自転車の事故

電動自転車の事故について

電動自転車は、自転車と原付を足して二で割ったような乗り物です。
よって、自転車と同じ感覚で乗っていると、思いがけないスピードが出てしまい、結果事故に繋がるという事がありえます。
理想としては、原付に乗るくらいの心構えで電動自転車には乗ったほうが良いかと思います。

実際、電動自転車はどちらかというと原付寄りと言えます。
それを裏付ける一つの要素として、2007年にYAMAHAの電動自転車が起こした不具合によって発生した事故が挙げられます。

その事故の例は、信号待ちしているといきなり勝手に発進してしまい、転倒して頭部をぶつけしたというものや、乗ったと同時に急発進してしまい、転倒して肩を打撲したといった、普通の自転車では起こりえないものです。

電動自転車には、こういった不注意とは別の要素で発生する事故がありえます。
前例の件はメーカーの不徳の極みではありますが、例えばメンテナンスの不備によって誤作動を招いたり、故障によって思うような動作を行えなくなったりという、事故に繋がるような不具合はどの電動自転車にも起こり得るのです。

こういった不具合をできる限りなくすには、日頃から丁寧に乗り、定期的にメンテナンスをしてもらう事が大事です。
家の周りに電動自転車のメンテナンスを行っているお店があれば、そこに足しげく通うくらいのマメさが必要です。
そういったお店がない場合でも、ある程度の期間を設けてメンテナンスの為に遠出するくらいの心構えがないと、事故の可能性を減らす事はできません。

電動自転車は、自転車とは異なる乗り物です。
にもかかわらず、車検はありません。
自分の電動自転車がどう言う状態なのかを知るには、自分が動く必要があるのです。