電動自転車 > 電動自転車の性能競争

電動自転車の性能競争について

現在、電動自転車は様々な面で注目を浴びています。
というのも、動力が電気というのは、非常に環境に優しいからです。
エコという観点から見た場合、この電動自転車は他のどの乗り物よりも優れていると言えます。
よって、各メーカーがここ数年非常に力を入れているのです。

それに伴い、電動自転車の性能について、各メーカー間で競争が勃発しています。

三洋電機(SANYO)や松下電器産業(Panasonic)は、電動自転車に小型かつ軽量のリチウムイオン電池を搭載し、走行中に充電が可能になったり、長距離を走行できるようにしたりできる新製品を発表しました。

これを皮切りに、各メーカーがアイディアや性能を競い、よりすぐ優れた商品を開発して、電動自転車のシェアを拡大しようという動きが目立つようになって来ました。

これまで、電動自転車という乗り物はかなりマイナーな部類の物でした。
買い物に出掛ける程度なら普通の自転車で良いし、ある程度等でするなら原付で良いといった感じで、電動自転車の必要性がイマイチ確立できていなかったからです。
それにより、アピールもあまりできず、日陰の中での販売競争を余儀なくされてきました。

しかし近年、御年寄りの方が増えてきたことで、原付の免許は持っていないし、自転車を漕ぐのは筋力的に難しいという人が増えてきました。
加えて、エコという環境問題に関する様々な意見が活発に世の中に出回るようになり、これらの要素が電動自転車に光を当てる事になったのです。

電動自転車は、これから更に進歩していくでしょう。
その性能がどこまで伸びるか、とても楽しみですよね。