電動自転車 > 電動自転車のリミッター解除について

電動自転車のリミッター解除についてについて

乗り物を動かすエンジンやモーターには、スピードリミッターというシステムが組み込まれています。
これは、運転する上での最高速度を制限する装置です。
これによって、乗り物の速度の上限値が決定します。
当然、その目的はスピードの出しすぎによる事故を防止する為です。

電動自転車にも、スピードリミッターは付いています。
電動自転車の場合、日本においては電力でアシストする割合は最大で50%となっています。
50%になるのは、0~15km/hの速度の時です。
15~24km/hの速度の場合は、速度の上昇に比例して補助比率が下がります。
そして、24km/h以上になると、アシストは0%になり、通常の自転車と同じく100%自力で漕ぐという方式になります。

これらの制限は、スピードリミッターによるものです。
どれだけ速度が出ていても同じだけ電動によるアシストがあると、自動車並の速度を出せる事になります。
そうなると、事故の可能性が飛躍的に上昇してしまいます。
それを防ぐ為に、このようなスピードリミッターを備えているのです。

ただ、このリミッターを外す事もできます。
この行為は電動自転車においては法律違反とはなりません。
リミッター解除を行うと、24km/h以上においても電動のアシストが得られます。
その状態で思いっきり漕いだら、競輪選手並の速度で走る事も可能です。

しかしながら、当然リミッター解除は危険です。
それだけの速度で走れば、どのような場所でも危険が伴います。
まして、公道では車両と衝突するなどの命に関わるリスクが待っています。
また、バッテリーも早々に切れてしまい、はっきり言ってメリットはありません。

リミッター解除は止めておいた方が無難です。